この記事をシェアする

【システムアップデート】2017年9月20日の更新内容について

格安の賃貸管理ソフト、リドックス(ReDocS)-すぐに使える不動産管理システム

2017年9月20日のリドックスシステム更新について

2017年9月20日に、リドックスのシステムアップデートを行いました。
今回のアップデートで【管理委託料の計算対象の追加】や【家賃管理機能の機能改善】などが行われています。

今回の機能アップデートの内容は以下の通りです。

  • 管理委託料の計算対象に賃料以外も選択できるようになりました。
  • 家賃管理画面で、過去の入金情報が確認できるようになりました。
  • 滞納者一覧で、同一物件内で振込名義が同じ場合は滞納情報をまとめて表示されるようになりました。
  • 口座別にまとめた送金明細を出力できるようになりました。
  • 区分所有物件などで同じ物件で複数オーナーがいる場合、選択しているオーナー以外の部屋番号の背景色が変わるようになっています。
  • 更新時必要費用に「新賃料or旧賃料の○ヶ月分」という設定ができるようになりました。
  • 解約予告に「〇〇ヶ月前」に加えて、「○○日前」を設定できるようになりました。
  • 「管理業務画面」などで物件やオーナーを選択後、「選択する」ボタンをクリックしなくても、次のページへ移動するようになりました。

以下で変更点について詳しく解説をしていきます。

管理委託料の計算対象に賃料以外も選択できるようになりました。

これまで不動産管理会社がオーナー様から「賃料の〇〇%」といった形でもらう管理委託料ですが、その計算対象は「賃料」と「共益費」のみでしたが今回の機能アップデートで「賃料以外の収入項目」も計算対象として選択できるようになりました。

今回のアップデートにて、電気料金や水道料金などの変動費用に対しても管理委託料を自動計算対象とすることができるようになるため、オーナー精算業務を大幅に効率アップさせることができます。

家賃管理画面で、過去の入金情報が確認できるようになりました。

家賃管理画面から、画面移動することなく対象の契約者の過去6ヶ月の家賃支払い状況を確認することができるようなりました。

家賃管理画面で過去の入金状況を確認しようとすると、契約者の家賃支払い状況画面に移動する必要がありました。そのため、一括登録作業を行なっている際には画面移動することができないため、不自由を感じているというご意見・ご要望を元にして、アップデートを行なっています。

滞納者一覧で、同一物件内で振込名義が同じ場合は滞納情報をまとめて表示されるようになりました。

これまでの滞納一覧は「貸室」「駐車場」「バイク置き場」「駐輪場」の順で表示されており、「貸室と駐車場」を借りている契約者が滞納した場合、バラバラに表示されていました。
今回のアップデートにて、同一物件で振込名義が同じ契約者を取りまとめて表示されるようにアップデートを行い、より確実にこれまでの滞納金額を把握することができるようになります。

口座別にまとめた送金明細を出力できるようになりました。

複数物件を持っているけれども、送金する口座が複数あるという場合にも、口座ごとに項目を取りまとめた口座別送金明細を出力できるようになっています。

区分所有物件などで同じ物件で複数オーナーがいる場合、選択しているオーナー以外の部屋番号の背景色が変わるようになっています。

区分所有物件などの場合、同じ管理物件に様々なオーナーが部屋を保有しているということは多々あります。
今回のアップデートで、選択したオーナーの持分でない部屋については部屋番号の背景色が変わるようになりました。

更新時必要費用に「新賃料or旧賃料の○ヶ月分」という設定ができるようになりました。

これまで更新時必要費用については「〇〇円」と設定するのみでしたが、今回のアップデートで「新賃料 or 旧賃料の〇〇ヶ月分」といった請求登録が可能となりました。

解約予告に「〇〇ヶ月前」に加えて、「○○日前」を設定できるようになりました。

解約予告期日に「45日前」や「30日前」といった設定ができるようになりました。

「管理業務画面」などで物件やオーナーを選択後、「選択する」ボタンをクリックしなくても、次のページへ移動するようになりました。

まとめ

以上が2017年9月20日のシステム更新の内容になります。
以前からユーザー様からご要望いただいていた「家賃滞納者の特定作業の効率化」や「操作性の向上」といった機能改善を行っています。

今後もリドックスはお客様からのご意見、ご要望を大切にし、より使いやすい賃貸管理ソフトを目指して、改良を重ねて参ります。

はじめませんか?
クラウドで賃貸管理

リドックスは賃貸管理の
実務経験者が開発しています。

リドックスは、賃貸管理会社で実務経験のある社長が作った賃貸管理ソフトです。
同じ賃貸管理の業務に従事していた人間だからこそ分かる視点で作った、賃貸管理をラクにする為のソフト、それが「リドックス」です。
リドックスは賃貸管理に関するお役立ち情報やソフトの便利な活用方法をメルマガでも配信しています!

リドックスについて詳しく見る 無料メルマガ登録はこちら

【システムアップデート】2017年9月20日の更新内容について
この記事をお届けした
クラウド賃貸管理ソフト - リドックスBLOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事をシェアする