賃貸管理ソフトのリドックスが株式会社電算システムとパートナー基本契約を締結し、口座振替サービスとの連動を実現

無料から利用できるクラウド型賃貸管理ソフトReDocSの更新情報やプレスリリースです。

公開日:2015年06月02日

無料から利用できるクラウド賃貸管理ソフトのリドックスが株式会社電算システムとパートナー基本契約を締結し、口座振替サービスとの連動を実現

口座振替サービスで家賃管理を圧倒的に効率化することが可能です

無料から利用できるクラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)を運営するBambooboy 株式会社(本社:東京都品川区)は、収納代行や口座振替サービスの老舗である株式会社電算システム(本社:岐阜県岐阜市)とパートナー基本契約を締結し、賃貸管理ソフトと口座振替サービスの連動を実現致しました。

今回のパートナー基本契約の締結によって、電算システムが提供する口座振替サービスに必要なデータの作成や引落結果データのリドックスへの連動が可能となりました。
口座振替サービスの活用によって、入居者様にとっては「振込作業にかかる手間の削減」、不動産管理会社様にとっては「家賃回収率の向上」というメリットがもたらされます。 また、リドックスと口座振替サービスの連動の実現によって、毎月の家賃入金の確認や項目の消し込みなどの事務作業を圧倒的に効率化することが可能となります。 これまで、悩みの種であった「ソフトへの登録の手間」や「手作業による登録漏れ」などが今回のシステム連動によって、解決することができます。

新サービスについての詳細

口座振替サービスの電算システムとリドックスが連携

■口座振替サービスについて

株式会社電算システムは年間取扱数1億5千万件以上の取引実績と自治体・公共料金・大手通販企業の支払いにおいても数多く利用されているなど、収納代行や口座振替サービスに確かな実績と大きな信頼があります。
口座振替サービスを利用することによって、入居者様からの支払い忘れの解消などの家賃回収率の向上や滞納督促業務の負荷を軽減することが可能となります。

■賃貸管理ソフト リドックスとの連動について

入居者様の口座から家賃を口座振替するためには、毎月、電算システムに対して依頼データの作成・送信が必要となります。
その依頼データを、リドックス内に登録している入居者の家賃や契約期間、引落口座情報などの各データと連動させて振替依頼に必要なデータを3ステップで出力できるようになっています。
また、口座振替実施後の引落結果データをリドックスにそのまま取り込むだけで、システムが自動的に変換し、家賃管理情報に反映させるさせることができます。 これらの依頼データの作成や結果データの取り込みは、それぞれ3ステップで完了するように設計されているため、PC操作に不慣れなユーザー様でも利用することが可能です。
※口座振替サービスの利用には電算システムとの契約が必要です。

今後、ReDocSはさらなる家賃管理の効率化や出力帳票の改善などのユーザビリティの向上に積極的に取り組んでまいります。

ソフトに関するご質問や賃貸管理についてのご相談を承っています。
お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。
ReDocS サポートチーム
TEL:03-5913-8622
MAIL:info@bambooboy.net