賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)のコンセプト

私たちがご提案するのは"ちょうど良い賃貸管理ソフト"です。
とっつきにくい高機能なシステムではなく、身近でシンプルな不動産管理ソフトでありたいと思っています。

リドックスは簡単ですぐ使えて便利な賃貸管理ソフトです
賃貸管理ソフトに"敷居が高い"というイメージはありませんか?

賃貸管理ソフトに"敷居が高い"というイメージはありませんか?

物件や部屋に関する情報や入居者の契約情報を一元的に管理する『賃貸管理システム』、入金情報と入居者情報を連動させて家賃の支払い情報を管理する『家賃管理システム』、募集中の部屋の情報や未募集の抽出などを行う『募集管理システム』、賃貸管理業務と一口に言っても、その業務は多岐に渡るためシステムに求める機能は幅広く存在します。

そのなかで、それぞれのソフトを別々に持つのではなく、包括的に機能が網羅されているシステムを活用して、更新案内や滞納督促の必要な入居者を「見える化」したいという必要性はありませんか?これまで、賃貸管理業務の効率化のための解決策としてインストールが必要な賃貸管理ソフトの利用が一般的な解決策として採用されてきました。

しかし、インストール型の賃貸管理ソフトにも弱点があります。それはシステムの構築や導入までに多くの時間とコストがかかることです。これは、これから大きく変動していく不動産・賃貸業界で生き抜いていくための管理システムとしては大きな問題であると同時に、これまで賃貸管理ソフトの普及を妨げている原因でもあります。

私たちが目指すのは、一番"身近な賃貸管理ソフト"

そこで私たちリドックスは、賃貸管理に必要な「物件情報」「部屋情報」「契約者情報」「入出金情報」「募集情報」などの賃貸管理に必要なデータをクラウド上で一元管理するサービスを構築しました。

一見的に管理されたデータから、賃貸管理に必要な情報を抽出して各情報の連動や再加工をシステム上で行うこと、同じデータを複数システムに何度も登録することなく、賃貸管理に必要な情報の「見える化」や「効率化」が可能になります。

また、クラウド技術の活用により、システム導入にかかる時間や労力の削減やサービス提供に関するコストの削減によって、圧倒的低価格で皆様にご利用いただける仕組みを実現しています。導入にかかる手間や時間の削減、初期費用の削減、継続利用料の削減によって"ちょうど良い賃貸管理ソフト"として、皆様の賃貸管理業務のサポートを行っています。

リドックスを使えば賃貸管理情報を一元的に管理

そして、"めんどくさい"を"おもしろい"に変えていきたい。

そして、もう一つ私たちが解決したい課題として「単調な作業の繰り返し」があります。どうしても、賃貸管理業務というのは入居者からのクレームの対応であったり、家賃滞納者への督促対応であったりと「めんどくさい」「気の進まない」業務が多くを占めます。また、家賃管理にしても毎月同じ入力業務を繰り返しであるため「単調で」「つまらない」と感じてしまう事務作業なのが現実だと思います。

そんな、賃貸管理に対する課題をなんとかして変えていきたいと私たちは考えています。今行っている業務がどうつながるのか、入力したデータがどのように反映されるのかがもっとスピーディかつ視覚的に見えるようになれば、もっと社内でのコミュニケーションが活発になるのではないか。

入力したデータが表やグラフといった目に見える形として反映され、それをもとに社内でアイデアを共有する。そういったことが実現できれば、ただの「入力作業」が「コミュニケーションのインフラ」となり、賃貸管理ビジネスをもっと加速させられる。そんな思いで機能の開発を行っています。

賃貸管理をもっと面白く!
リドックスはクラウド型の賃貸管理ソフトです
クラウドのメリットはたくさんあります。

サーバーがインターネット上にあることだけが"クラウド"のメリットではありません。

少し専門用語になりますが、「クラウドコンピューティング」「SaaS」の台頭によって、従来のインストールが必要なパッケージ型の賃貸管理ソフトを利用する以外の選択肢が生まれています。これまで、システムを導入しようとすると自社サーバの設置やシステム管理者の用意が必要でしたが、クラウド技術の進化によって個人・法人、また企業規模に関わらずサービスを受けられる環境に変わり始めています。

つまり、サーバーやインフラ設備の設置や専門家の用意をすることなく、これまでは難しかったシステムの導入がクラウドによって実現することができます。インフラ関係のメンテナンスをサービス提供者に任せることで、純粋に賃貸管理ソフトのメリットのみを受けられることが大きなメリットの一つです。

保守や管理はお任せ頂き、賃貸管理業務に専念していただくことが目標です。

リドックスを利用するのに自社サーバーの設置などインフラの設備投資は一切不要です。データの保全のためのバックアップや稼動してるクラウドサーバーのメンテナンスはリドックスが全て行います。リドックスはできる限り導入にかかる費用や時間を抑えるためにブラウザさえあれば、初期設定だけですぐに使いはじめることができるようにシステムを設計されており、メンテナンスフリーの環境を作ることでお客様が賃貸管理業務に専念していただけることを目標としています。

また、リドックスはサービスインフラの提供だけでなく、法改正に対応するアップデートなどもご提供サービスに含まれています。また、出力が可能な契約書類や帳票の追加やご利用中のお客様からのフィードバックを反映させたバージョンアップも無償でご提供させて頂いています。さらには導入方法から活用方法のメール相談などのサポートサービスが利用期間中無料で利用することができます。

リドックスは賃貸管理の縁の下の力持ちとして業務をサポートします

システムは常に"最新で最良"のバージョンでご利用頂ける環境をご提供しています。

リドックスはお客様一人一人にカスタマイズされたソフトのご提供ではなく、全てのお客様が同一バージョンのシステムをご利用いただき、月額のソフト利用料で使えるサービスとしてご提供しています。

そしてリドックスでは常に「もっとこんな機能があれば使いやすい」「もっとこんな書類が出力できれば便利」というご要望を受け付けています。もし、ご利用を始めてみてから、少し自分たちの使い方や運用方法と違うと感じ場合、遠慮なく私たちにご連絡ください。全てのお客様のためになる要望であれば、お客様の改造費用ゼロでサービスのバージョンアップとしてご提供いたします。

ソフトのバージョンアップをタイムリーかつお客様の手間や労力をかけない形で行うことができることもクラウドサービスのメリットです。リドックスは常に機能が最新で最良のバージョンをご提供できる環境を準備いたしております。

常に最新で最良のバージョンでご提供しています

PC、スマホ、タブレットなどマルチデバイスで利用できることもクラウドならではのメリットです。

Windows、MACなどOSに関わらず、利用可能端末もパソコンのみならず、タブレットやスマートフォンなどのマルチデバイスでリドックスを利用することができます。また、インストールが必要ないので事務所のPCのみでしか使えないなんてことはありません。インターネット環境さえあれば場所にとらわれることなく利用することができます。

また、従来のインストール型の賃貸管理ソフトではソフトを利用できるパソコンやシステムに同時接続できる人数も限られていました。しかし、クラウド賃貸管理ソフトのリドックスなら複数人での同時接続にも対応しており、情報の更新や共有をより簡単かつスピーディに行うことができます。

リドックスはマルチデバイス対応の賃貸管理ソフトです

宅建協会の契約書をそのままご利用になれます。

全国の不動産管理会社様に選ばれている!
クラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)

03-6869-4276

受付時間:10:00〜18:00(年末年始以外 受付可能!)

エクセルではそろそろ限界...
賃貸管理帳票出力をもっと簡単にしたい!
そんな時には、一度ご相談ください!

誠に勝手ながら2017年2月26日(日)は、社員研修のためお電話での対応ができません。
大変恐れ入りますが、お問い合わせについては「info@bambooboy.net」までメールをご送付ください。

ソフトに関するご質問や賃貸管理についてのご相談を承っています。
お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。
ReDocS サポートチーム TEL:03-6869-4276
MAIL:info@bambooboy.net