失敗しない賃貸管理ソフトの選び方

ここでは、リドックスが開発者目線で「失敗しない賃貸管理ソフト・不動産管理システム」の選び方をご説明していきます。

賃貸管理ソフトを選ぶにあたっての比較基準をお持ちですか?

ソフトやシステムの導入を検討するものの、導入にかかる初期費用や打ち合わせや設定などの労力を考えると、
なかなか導入の一歩を踏み出せず後回しにしてしまうことはありませんでしょうか?
私たちリドックスが賃貸管理ソフトの選び方について解説していきます。

失敗しない賃貸管理管理ソフトの選び方をご案内します。

賃貸管理ソフトの"基本機能"と"オプション機能"について

まず、賃貸管理ソフトを選ぶにあたって、各ソフトどんな機能があるのかを確認する必要があります。以下に、「基本機能」と「オプション機能」という分類で機能について少し説明していきたいと思います。

賃貸管理ソフトの基本機能とオプション機能について
基本機能 オプション機能
  • 物件情報管理機能
  • 部屋情報管理機能
  • 入居者契約情報管理機能
  • 家賃管理機能
  • 滞納者管理機能
  • 契約書類・賃貸管理帳票作成機能
  • 更新管理・解約管理機能
  • 口座振替サービス連動
  • ファームバンキング連携
  • REINSや各種賃貸ポータルサイトへのコンバージョン
  • 賃貸仲介業者向けサービス
  • 経理・会計ソフト(システム)との連動

Googleで「賃貸管理ソフト」と入力して1〜3ページに出てくるような賃貸管理ソフトであれば、上記の「基本機能」は全て兼ね備えていると考えて大丈夫かと思います。機能としての差は「オプション機能」の部分であり、これはソフトを提供している各社によって内容が異なってきます。

賃貸管理という業務内容が固まっている業務であるため「基本機能」については各社機能を兼ね備えており、「出力可能な書類・帳票」や「外部サービスとどれだけ連携することができるか」という部分が機能面での比較・検討の対象になると考えられます。

賃貸管理ソフトを選ぶ3つのポイント

上記の「オプション機能」はソフトの価格とは別途費用が必要な場合があり、管理戸数や管理規模によっては「基本機能」だけで十分という場合もあります。そんな時に機能はほとんど一緒なのであれば、何を基準にして比較して選んでいけばいいのかわからなくなってしまうこともあるかと思います。
私たち、リドックスが考える賃貸管理ソフトを選ぶ上での比較ポイントは以下の3つです。

ポイント1 賃貸管理データの連動性とソフトの操作性

賃貸管理ソフトを導入する理由の中に、「同じ作業の繰り返し無くして手間を減らしたい」「誰が使っても一定の成果物が作成できるようにしたい」といった課題があると思います。せっかく賃貸管理ソフトを導入したとしても、エクセルやフリーソフトと同じように何度も同じ項目の入力が必要となってしまうとシステム導入の効果を発揮することができません。一度入力したデータが他の賃貸管理データと連動し合って、少ない入力作業で業務を進めることができるソフトを選ぶ必要があります。

また、ソフトのデザインや操作性も大事なポイントです。システムの導入といっても、実際に毎日の入力作業を行ってもらうのはパートの方ということが多いのかもしれません。どんなに高機能なソフトであっても、操作を覚えるのに一苦労があったり、特別な関数などを覚えないといけないとなると、パソコン操作が苦手な方にとっては「前のエクセルでの賃貸管理の方が良かった」となりかねません。実際に賃貸管理ソフトを日常的に利用する人が使いやすいソフトかということは選ぶにあたって大きなポイントとなってきます。

ポイント2 保守管理・サポート体制

導入する賃貸管理ソフトの保守管理体制や日常サポートも各ソフトを比較する上で大切なポイントです。賃貸管理や不動産業界では、法律の改正などの影響が大きくそれらに即時対応していく必要性があります。また、わからないことがあった場合にどれだけ早く回答してもらえるか、機能について要望を出すことができるかといった点も日々の運用方法に大きな影響を与える部分です。

そのソフトを提供しているサイトに行って、「ソフト更新履歴」や「プレスリリース」を確認してどれくらいの頻度で更新が行われているのかをチェックすることで、その賃貸管理ソフトがどれくらいの頻度で機能更新(アップデート)されているのかを確認することができます。定期的に更新がかかっているソフトほど、機能の開発に力を入れているソフトと予想され、利用後のサポートやバージョンアップに期待できると考えられます。

ポイント3 初期費用とランニングコスト(月額料金)・コストパフォーマンス

そして、最後のポイントがコストパフォーマンスという費用面についてです。高機能で便利なソフトであっても、初期費用やランニングコストが賃貸管理自体を圧迫するようなことがあっては本末転倒となってしまいます。また、初期導入にあたってどれだけの労力や手間がかかるのかという部分も見逃せないポイントです。準備に数ヶ月かかって、カスタマイズにまた数ヶ月かかるとなってしまうと、なかなか柔軟な賃貸経営を行うことが難かしくなってしまう可能性があります。賃貸管理ソフトの導入に際して投資した費用や労力に対して、どれだけのメリット(業務の手間が減る・作業時間が減る)が得られることができるのかという点を比較・検討していく必要があります。

失敗しない一番の方法は実際に使ってみることです。

ここまで、失敗しない賃貸管理ソフトの選び方の説明を行ってきましたが、各賃貸管理ソフトを提供しているサイトの説明や営業の方の操作デモだけでは「本当に自分達にあった賃貸管理ソフト」なのかを知ることはなかなか難しい場合があります。サイトに書いてあることや営業の方の説明と実際に使ってみた感覚が違って「やっぱり導入すべきじゃなかった」という気持ちが生まれるかもしれません。

私たちリドックスは、自分達にあったソフトなのかを見極めるためには、やはり「実際に使っていただくこと」が一番だと考えています。テストとして管理戸数の一部をソフトを使って管理してみて、賃貸管理の実務に合っているかを試すことで本当に便利な賃貸管理ソフトなのかを確かめることができます。

そこでリドックスでは、「初期費用はご納得頂いてから」「30日間の無料期間」「解約費用無し」という形で完全に無料でソフトをお試しで利用できるようにしています。実際に使っていただいて、便利だと感じて頂いてからの本格導入していただくことで、賃貸管理ソフトの導入に関するリスクを限りなく下げれるように努めています。
賃貸管理ソフトの導入を検討されているのであれば、一度リドックスを「お試し」に利用してみてソフトの操作性を実感してみて比較されてみてはいかがでしょうか?

エクセルでの管理はそろそろ限界...
そう感じている場合は一度ご相談ください!

お電話でご相談

お気軽にお電話でご相談ください。

導入方法やシステムについての詳細などについて、まずはお気軽にご相談ください。

TEL:03-5913-8622
(受付時間:10時〜18時まで(土日祝定休)

30日間無料トライアル

まずは無料でお試しください。

実際に操作してみて、自社の賃貸管理に合うかどうか試してみてください!

30日間のお試し利用をしてみる

詳細資料ダウンロード

システムについての資料をご準備しています。

詳しいシステムについての資料や帳票のサンプルをダウンロードできます。

詳しい資料をダウンロードする

ソフトに関するご質問や賃貸管理についてのご相談を承っています。
お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。
ReDocS サポートチーム
TEL:03-5913-8622
MAIL:info@bambooboy.net