ReDocSが目指すサービスのかたち

わたしたちが目指すサービスのかたちについてご紹介いたします。

かんたんで、すぐ使えて、便利な賃貸管理ソフトを目指して

ReDocSは、
「PCの知識がなくても簡単に使いこなせる。」
「説明書を読まなくてもなんとなくわかる。」
そんな誰でもすぐに利用することができる賃貸管理システムを目指して、日々の開発に取り組んでいます。

ReDocSが目指すサービスのかたち

賃貸管理の事務作業をもっと効率化していきたい

「家賃の入金管理」や「入居者の更新状況の管理」「契約書や重要事項説明書の作成」「月間の賃貸管理状況の報告書の作成」などなど。
賃貸管理業務と一口に言っても、業務の中で作成しなければならない書類は大量に発生してきます。

そんな中で、「【書類作成】のボタンを押したら自動的に必要な書類が出力される。」
そんなことが実現できたらどんなに事務作業が楽になるだろうと考える不動産管理会社様や自主管理大家さんは多いのではないでしょうか?

私たちReDocSは、賃貸管理業務の中の「書類を作成する」や「対応が必要な入居者を特定する」といった作業にかかる時間を削減することを一つの目標として機能の開発に取り組んでいます。
「家賃の入金情報から滞納者の特定」「契約期間と解約予告期間から更新案内が必要な入居者の特定」「日頃の登録内容を連動させてオーナー送金明細を作成」といったかたちで一度入力した内容をいろいろな情報と掛け合わせて必要な情報に加工して出力する。

そういった賃貸管理情報の「集約」と「連動」を行うことで、事務作業にかかる時間を減らすことができるように、日々開発を進めています。

賃貸管理の事務作業をもっと効率化していきたい

だれにでも簡単に使えるソフトにしたい

ソフトやシステムを開発している立場にいると、「これくらいはわかるだろう」「この操作は説明しなくても大丈夫だろう」と自分たちの尺度で説明や機能を作ってしまいがちです。
実際に、私たちReDocSでも自分たちは大丈夫だろうと思ってた部分でお客様から「使い方がよくわからない」といったご質問をたくさん受けてしまっていました。

そういった声を頂いたり、実際の賃貸管理をされている現場にお伺いさせて頂いたりする中で「説明書を見ながらじゃないと使えないようではいけない」と考えるようになりました。
現在、開発チームの中で新しい機能を開発したりテストしたりするときに、「自分の母親でも使いこなせるか」ということを意識を強く持つようにしています。

「使いこなせればすごく便利」というソフトやシステムは世の中に必要であると思っています。でも、逆に「そんなに機能はいらないから、使いやすいもの」というソフトやシステムも同じように必要とされています。

操作や使い方が「かんたんで」、
パソコンや不動産の知識がそんなになくても「すぐ使えて」、
これまで面倒だった業務の時間を短縮できて「便利」

それがReDocSの「かんたんで、すぐ使えて、便利」という理念が目指しているサービスです。


宅建協会の契約書をそのままご利用になれます。

全国の不動産管理会社様に選ばれている!
クラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)

03-6869-4276

受付時間:10時〜18時まで(日曜定休)

エクセルではそろそろ限界...
賃貸管理帳票出力をもっと簡単にしたい!
そんな時には、一度ご相談ください!
ソフトに関するご質問や賃貸管理についてのご相談を承っています。
お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。
ReDocS サポートチーム TEL:03-6869-4276
MAIL:info@bambooboy.net