デザインの変更と物件固定費用の登録とオーナー精算時の連動機能を追加

無料から利用できるクラウド型賃貸管理ソフトReDocSの更新情報やプレスリリースです。

公開日:2015年11月23日

より見やすいデザインへの改良と様々な機能のアップデートを実施しました。

ログイン後のデザインを修正しました。

横幅を広くすることで、余裕のあるデザインに変更しています。
ご利用いただいているインターネットブラウザによっては、デザインが一部崩れてしまう部分をこちらの更新で解消しています。

物件情報に「管理形態」や「管理報酬」「固定費用」を登録できるようになりました。

物件情報に登録できる項目を追加しています。
また、物件において必ず発生する費用(清掃費用やゴミ処理費用など)を、物件情報の固定費用として登録しておくことで、毎回、取引登録を行うことなく、自動的にオーナー精算時に表示されるようになりました。
操作:[管理業務]-[物件情報登録]-[管理形態・固定費用の登録]

オーナー精算時に抽出される項目のルールが変わりました。

変更前:対象月の家賃と対象月の前月に発生or入金があった取引項目
変更後:対象月の家賃と【対象月】と対象月の前月に発生or入金があった取引項目
→当月の4日などに入金があった分なども送金対象とすることができるようになりました。

スタッキングプランから契約者情報へ移動する際に移動対象の画面を選択することができるようになりました。

スタッキングプランからは、契約者情報画面にしか移動することができませんでしたが、「家賃支払い状況画面」「対応履歴画面」「更新処理画面」「解約処理画面」などの移動先の画面を選択できるようになりました。

契約者個別の家賃支払い状況ページでデフォルト値として支払い額が入力されているようになりました。

入力の手間を最小化するために、あらかじめ満額の支払額がフォームに入力されている状態に変更しました。

ソフトに関するご質問や賃貸管理についてのご相談を承っています。
お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。
ReDocS サポートチーム
TEL:03-5913-8622
MAIL:info@bambooboy.net