個別請求が必要な変動費(水道代や空調使用料など)の入金管理機能を強化

無料から利用できるクラウド型賃貸管理ソフトReDocSの更新情報やプレスリリースです。

公開日:2016年02月12日

クラウド賃貸管理ソフトのリドックスに新機能を追加
-個別請求が必要な変動費(水道代や空調使用料など)の入金管理機能を強化-

Bambooboy 株式会社(本社:東京都品川区)は、2016年2月12日(金)にクラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)に「個別請求項目の入金管理機能」と「家賃請求書一括出力機能」を追加したことを発表致します。

家賃と共に契約者様個別に請求する費用(共用部水道代など検針して請求する費用など)の個別請求項目の入金管理機能を追加致しました。
今回の機能追加によって、個別請求項目についても、未入金や一部入金の場合の滞納判定を行えるようになり、ますます家賃管理を効率的に行えるようになっています。
また、併せて契約者様ごとの請求書も複数一括で出力できるようになり、事務作業の負担を大きく削減できるようになりました。

■個別請求項目の入金管理機能

これまでの家賃や共益費、毎月の固定費用の滞納判定に加えて、契約者個別に請求する変動費についても滞納判定を行い、未入金のチェックを簡単に行えるようなりました。
今回のバージョンアップによって、より柔軟に各不動産管理会社様の業務フローにあった家賃の入金管理を可能としています。
また、個別請求項目を応用して、レンタルオフィスの運営や有料老人ホームなどの家賃・利用料の請求管理を行うことができるようになったという声をテストでご利用いただいていたユーザー様から頂いており、より幅広い業態へ対応できるようになりました。

■家賃請求書一括出力機能

今回のバージョンアップによって、毎月の家賃請求書を一括で出力できるようになりました。
家賃請求書には、家賃や共益費のみならず、毎月固定で請求が必要な項目(振込手数料や定額給湯料など)や上述の契約者様個別の請求項目をシステムが自動的に計算して請求書を発行することができます。
この一括出力機能によって、請求書作成業務を大幅に効率化できるようになっています。

今後、リドックスはさらなる出力帳票の改善や動作スピード向上などのユーザビリティの向上に積極的に取り組んでまいります。

■サービスの仕様

サービス名:クラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)
開発・運営:Bambooboy株式会社
サービスURL:https://theredocs.com

リドックスは、「簡単で、すぐ使えて、便利な」ソフトとしてご利用の皆様からご好評いただいているクラウド型の賃貸管理ソフトです。シンプルなデザインやパソコンが苦手な方でも使いこなせる操作性がリドックスが支持されている理由です。
リドックスを利用することで、業務効率を飛躍的に向上させ、時間や場所にとらわれない賃貸管理業務が可能となります。

料金:
登録可能戸数 1戸〜100戸まで 月額2,980円
登録可能戸数 101戸〜500戸まで 月額6,980円
登録可能戸数 501戸〜1,000戸まで 月額12,480円
※1000戸以上に対応したプランもございますので、お気軽にお問い合わせください。

ソフトに関するご質問や賃貸管理についてのご相談を承っています。
お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。
ReDocS サポートチーム
TEL:03-5913-8622
MAIL:info@bambooboy.net