賃貸管理システムReDocS、タスク管理機能を新規追加

無料から利用できるクラウド型賃貸管理ソフトReDocSの更新情報やプレスリリースです。

公開日:2017年08月25日

クラウド賃貸管理ソフトのリドックスに新機能を追加
-業務の進捗を管理できるタスク管理機能を追加-

Bambooboy 株式会社(本社:東京都渋谷区)は、クラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)に「タスク(業務進捗)管理機能」を追加したことを発表致します。

「タスク(業務進捗)管理機能」を活用することによって、「契約書類はいつ送ったのか?」「書類の回収は確認できているか?」「送付した書類の追跡番号は?」といったような細かい部分まで管理することができるようになり、作業漏れの削減とマネージャーの進捗管理を楽にします。

また、各担当者個人で抱えがちなタスク管理をクラウドの賃貸管理ソフトであるリドックスで行うことによって、個人ではなくチームでの賃貸管理業務を効率的に行えるようになり、作業効率を向上させることが可能となります。

さらに、今回の新機能の追加に伴って、プログラムの更新や出力可能帳票の追加を行っています。

新機能詳細

■タスク(業務進捗)管理機能

マンションやアパートの不動産管理や賃貸管理のみならず、仕事を行っていく上では複数の業務を同時並行して進めていくシーンが大半を占めます。そのため、各業務を漏れなく効率よく進めていくためには業務タスクの管理は必要不可欠なものでもあります。
担当者ベースでは、自分の手帳やメモなどで進捗を管理していると思いますが、それをチーム内で共有しながら進行具合を管理するとなるとなかなか難しい課題となります。
そんなチームで賃貸管理を進めていく上での課題を、新しく実装されたタスク管理(業務進捗)管理機能を活用すれば、細かいタスクが多い不動産管理業務のステップアップを行うことができます。

また、タスク管理をソフトやシステムなどで行おうとして続かないパターンとして、「1度タスクを作り忘れたのをきっかけに惰性となってしまって継続しなかった」というものがあります。
リドックスの場合であれば、対象業務の操作フローの中で簡単にタスクを作成することができるので、新しくタスクを作ることは苦でありません。

今回の「タスク(業務進捗)管理機能」の追加によって、よりクラウドサービスとしてのメリットを活かして賃貸管理会社様の不動産管理業務の効率化のサポートを実現しています。

■クラウド賃貸管理ソフトReDocS サービスの仕様について

サービス名:クラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)
開発・運営:Bambooboy株式会社
サービスURL:https://theredocs.com

リドックスは、「簡単で、すぐ使えて、便利な」ソフトとしてご利用の皆様からご好評いただいているクラウド型の賃貸管理ソフトです。シンプルなデザインやパソコンが苦手な方でも使いこなせる操作性がリドックスが支持されている理由です。
リドックスを利用することで、業務効率を飛躍的に向上させ、時間や場所にとらわれない賃貸管理業務が可能となります。

料金:
登録可能戸数 1戸〜100戸まで 月額2,980円
登録可能戸数 101戸〜500戸まで 月額6,980円
登録可能戸数 501戸〜1,000戸まで 月額12,480円
※1000戸以上に対応したプランもございますので、お気軽にお問い合わせください。

ソフトに関するご質問や賃貸管理についてのご相談を承っています。
お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。
ReDocS サポートチーム
TEL:03-5913-8622
MAIL:info@bambooboy.net