STEP2 システムの自動処理で業務時間短縮・作業効率アップ

ここからがリドックスの賃貸管理ソフトとしての真骨頂です。
日々、蓄積されていく賃貸管理データをシステムが管理業務に「使える情報」として加工してくれるので事務作業の短縮が可能となります!

手作業でひたすら作ってた管理書類をリドックスが自動作成!

リドックスを使えば、
コピー&ペーストの繰り返しで作成していたような書類が自動的に作成できて
賃貸管理に必要な情報を「見える」形に加工してくれます。

集約したデータをもとに自動処理を行い、賃貸管理に必要な情報として加工
宅建協会の契約書をそのままご利用になれます。

全国の不動産管理会社様に選ばれている!
クラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)

03-6869-4276

受付時間:10時〜18時まで(土日定休)

エクセルではそろそろ限界...
賃貸管理帳票出力をもっと簡単にしたい!
そんな時には、一度ご相談ください!

システム化で賃貸管理業務が変わる!

これまで、面倒で時間がかかっていた定型業務(ルーティンワーク)を
リドックスで大きく短時間化・効率化することができます。

家賃管理・滞納管理が変わる!

■滞納件数の自動計算機能

登録している契約者情報と家賃支払い情報を連動させて、家賃滞納が発生している契約者を自動抽出します。

自動で滞納者を検出してくれるから、手作業で契約条件と家賃支払い情報を照らし合わす必要なく、スムーズに滞納督促業務を行えます。

■家賃管理表の自動作成

一度、リドックスに家賃情報を登録しておいたら、家賃管理表(家賃支払い一覧)もボタン一つで出力することができます。

もちろん、滞納者の一覧もワンクリックで出力可能です。

■簡単操作でラクラク登録

ソフトへの家賃登録はとても簡単でシンプルな操作で完了します。

家賃登録が必要な契約者が一覧で表示されてるので、入金日とチェックを入れて登録ボタンをクリックするだけで、家賃の入金情報を登録できるので、パソコンが苦手な人でも簡単い使いこなせます。

リドックスのここがスゴイ!

リドックスは蓄積された家賃支払いデータをもとに家賃滞納が発生している契約者を自動計算して表示してくれます。
また、家賃の登録も入金日とチェックを入れるだけで簡単にソフトへ登録することができます。

【滞納件数の自動計算】 滞納者を自動で抽出 【家賃管理表を自動作成】 クリック一つで家賃管理表を作成 【家賃の登録も簡単】 家賃管理も簡単操作で完了

更新管理が変わる!

■更新件数の自動計算

システムが契約期間と解約予告期間をもとに更新処理が必要な契約者を自動抽出してくれます。

この機能によって、月別更新者のファイリングや契約書の洗い出しをしなくても、ログインすれば最新の件数が確認できます。

■更新書類の自動作成

更新後の契約条件が決まったら、契約者ファイルを更新して、コピー&ペーストで更新書類を作成する。
なんども同じ内容を登録するって地味で面倒な作業ですよね。

リドックスは新契約条件を登録したら、その情報を元に更新書類を作成するので、登録するのは1回だけ!

■ひな形・テンプレートのカスタマイズ

リドックスではあらかじめ、こちらがご用意した書式を皆様ご利用いただけます。

もし、自社個別の書式をご利用されたいという場合でもカスタマイズを承っていますので、お気軽にお申し付けください。

リドックスのここがスゴイ!

更新が必要な契約者を月ごとにファイリングして、月初に更新案内を送付して連絡する。
こんな形で更新管理をされている方も多いのではないでしょうか?
リドックスを使えば、更新対象者も自動で抽出してくれて、案内や合意書も併せて作成してくれます!

【更新件数の自動計算】 更新対象者を自動で抽出 【更新書類を自動作成】 更新案内や合意書もクリック一つで出力可能 【ひな形・テンプレートはカスタマイズ可能】 更新書類のカスタマイズも承っています

オーナー送金精算が変わる!

■送金対象をチェックするだけ

リドックスは登録した家賃入金情報やその他取引の入出金情報を連動させて、送金対象が自動で表示されます。

あとは、送金する項目にチェックを入れて登録ボタンを押せば、オーナー送金精算書が自動で作成されます。

■オーナー別送金結果

オーナー様ごとの物件別・月別の送金結果一覧も精算データと連動しているので、手間なくすぐに作成されます。

複数棟所有されているオーナー様でも物件ごと・合計額が表示されているので、急なオーナー様からの問い合わせがあっても対応することが可能になります。

■年間収支報告書を作成

登録した精算情報をもとに、対象物件の年間収支報告書を作成することができます。

リドックスに登録済みの情報を連動させて作成できるので、過去の送金精算書から洗い出して報告書を作成する手間はかかりません。

リドックスのここがスゴイ!

回収した家賃から立替えた経費と管理委託料を差し引いてオーナーへ精算
そんな時に、いちいち過去の帳簿を見返すのは手間で面倒。

リドックスは対象月に入出金があった項目が自動で表示されるので、あとはチェックを入れるだけで送金精算書を作成することができます!

【送金対象の項目をチェックするだけ】 更新対象者を自動で抽出 【オーナー様ごとの送金合計結果も見える化】 更新対象者を自動で抽出 【登録した精算情報をもとに、年間収支報告書を作成】 更新対象者を自動で抽出

もっと、作業の自動化にこだわりたい方へ

賃貸管理情報を一元的に管理して連動させれば、業務がすごく楽になるのはわかった!
でも、もっと「人の手を減らして業務を自動化したい!」
そんな、お客様には口座振替サービスの活用をオススメします!

口座振替機能を活用すれば、家賃管理はほぼ自動化することができます。

家賃管理を圧倒的に効率化して、滞納件数も減らすことができる
口座振替機能については、STEP3でご紹介していきます!

ソフトに関するご質問や賃貸管理についてのご相談を承っています。
お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。
ReDocS サポートチーム TEL:03-6869-4276
MAIL:info@bambooboy.net