軽度の家賃滞納者を見逃さない。賃貸管理における滞納督促のポイント

家賃の滞納督促は早期解決を目指して、いかに複数月の滞納(重度滞納)にならないように対応するかがポイントとなります。

軽度の家賃滞納者を見逃さない
オーナーからの相談

この入居者さんは3日くらい家賃入金が遅れるのがいつもだから、別に督促の連絡しなくても多分大丈夫だと思いますよ。

いつも、なんだかんだで入金はしてくれるので、ちょっとくらい遅れるのはいつものことなんですよ。

家賃を自動引き落としなどにしていない限り、うっかりの入金忘れなどで滞納が発生してしまうケースがあります。家賃の滞納督促の連絡はかける大家さん側としてもあまり心の進まない業務なので、冒頭のように入居者さんに気を使って督促を控えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日は、「賃貸管理における家賃滞納督促のポイント」について解説していきたいと思います。

家賃滞納が常習化しないように対策を行う必要があります

常習的ではないものの、冒頭のケース程度の家賃滞納者を抱えている大家さんは以外と多いのではないでしょうか?

家賃の入金は遅れるものの、ちゃんと家賃は支払われているので問題としても表面化せず、そのまま放置してしまっている事例があるのではと思います。そんな入居者さんに気を使うという気持ち半分、督促連絡の気が進まないという気持ち半分などから、最終的に家賃が振り込まれればいいやということはありませんか?

結論的に言うと、家賃管理において1日でも家賃滞納があった場合は、うっかり家賃の入金を忘れているんだろうなと予想される場合であっても、電話や部屋へ督促状を送るなどの督促の行動を行う必要があります。
そして、入居者の方に対して「ここの大家さん・賃貸管理会社はきっちりしているからちゃんと家賃を振り込まないといけないな。」という意識を持ってもらうことが大切です。

この滞納督促の時に、高圧的な言い方をする必要はありませんが、変に下手に出る必要もありません。家賃の入金が遅れている旨をご連絡して、いつ頃入金が可能であるのかをお互いに確認します。
こういった督促や家賃回収への行動を入居者に見せることが、家賃滞納者の常習化を防ぐ対策となります。

軽度の家賃滞納者からよく聞く言い訳

こういった、うっかりの家賃滞納(軽度の家賃滞納者)からよく聞く言い訳としてこんなものがあります。

  • あれ、今月分って払っていませんでしたっけ?
  • あー、もう◯◯日(家賃支払い日)過ぎちゃっているんですね。
  • すいません。今月は仕事が立て込んでて銀行に行く時間取れなかったんです。
  • 親(同居人)が払ってくれてると思ったんですけど、入金ないんですか?
  • 今月の支払い日に2ヶ月分払うのでも大丈夫ですか?

などなど、上記の例の他にも様々な言い訳をして取り繕ってくることがあります。

そんな時に「大丈夫ですよ」などと簡単に取り合わず、入居者さんに家賃が滞納している事実を毅然とした態度で伝える必要あります。

特に初めての滞納があった場合、どのような対応を入居者にするのかによって「ここは家賃管理をしっかりするところなんだな」となるか「あ、ちょっとくらいだったら遅れても許してくれるんだ」という認識が分かれます。軽度な家賃滞納者の家賃支払いが悪化して滞納が常習することを防ぐためにも、滞納督促の初期対応や対応する態度は非常に大切なポイントとなります。

家賃収入は賃貸経営における収益の大部分を占める非常に重要な収入源です。その家賃が滞納されてしまった場合、その部屋は収支上は空室と同じようなものです。不動産管理を行っていく上で、家賃回収や督促はその収入を支える大切な業務となります。迅速な滞納者の特定や毅然とした家賃督促対応を行うことが、賃貸管理業務では強く求められます。

まとめ

ここでは、「軽度の家賃滞納(うっかり滞納)に対しても迅速に督促対応が必要である」という内容について解説していきました。

契約金を払ったきり、一度も家賃を払ってこない人を除いて、重度滞納となるのは軽度の家賃滞納時に「少しくらい遅れて入金しても、このマンションの管理会社は何も言ってこないな」という侮りから発展する可能性があります。毎月の振り込み期日が遅れるのは当たり前、翌月の振り込み期日に家賃をまとめて払えばOKなど、徐々に家賃滞納が重度化していくのがこのパターンの人です。
こういった層を確実に潰していくことが、家賃滞納対策には重要となってきます。

リドックスでは賃貸管理を効率化することをサービスの大きな目標として捉えています。ソフトによる業務の効率化だけでなく、不動産管理についての実務ノウハウをお伝えすることでより効果的な賃貸管理サービスが実現できるように努めています。

家賃滞納の早期発見をするためのシステム活用について解説していますので、家賃滞納対策 -システムの活用で滞納者へ早期対応-ご覧になってみてください。

この記事は「クラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)」が運営しています。
私たちは、「不動産管理ソフトを活用することで解決できる課題」だけでなく「不動産管理に関わる全ての悩み」を対象として様々なことをお伝えしていきます。

関連度の高いおすすめ記事

家賃支払いについての連帯保証人の責任っていつまで?賃貸借契約と連帯保証

家賃管理

家賃支払いについての連帯保証人の責任っていつまで?賃貸借契約と連帯保証

連帯保証の内容をよく知らずに部屋の連帯保証人となる人もいる場合もあるため、契約前には十分な説明が必要です。

家賃保証会社か倒産した場合どうなる?保証会社を利用する場合のリスクをチェック

家賃管理

家賃保証会社か倒産した場合どうなる?保証会社を利用する場合のリスクをチェック

家賃回収代行を行ってくれる保証会社も増えており、利用するメリットも大きいですが保証会社が倒産してしまった場合はどうなるのでしょうか?

家賃保証会社の保証内容と注意するポイントについて

家賃管理

家賃保証会社の保証内容と注意するポイントについて

家賃保証会社が提供している家賃保証サービスの概要と利用の際に注意するポイントについて解説しています。

押さえておきたい家賃滞納対策・滞納者対応の3つのポイント

家賃管理

押さえておきたい家賃滞納対策・滞納者対応の3つのポイント

複数月において家賃を滞納する入居者は放っておくと、この先も家賃を滞納し続ける可能性があるため、早急な家賃督促が必要です。

エクセルでの管理はそろそろ限界...
そう感じている場合は一度ご相談ください!

お電話でご相談

お気軽にお電話でご相談ください。

導入方法やシステムについての詳細などについて、まずはお気軽にご相談ください。

TEL:0422-27-1638
(受付時間:10時〜18時まで(水土日祝休)

30日間無料トライアル

まずは無料でお試しください。

実際に操作してみて、自社の賃貸管理に合うかどうか試してみてください!

30日間のお試し利用をしてみる

詳細資料ダウンロード

システムについての資料をご準備しています。

詳しいシステムについての資料や帳票のサンプルをダウンロードできます。

詳しい資料をダウンロードする

ソフトに関するご質問や賃貸管理についてのご相談を承っています。
お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。
ReDocS サポートチーム
TEL:0422-27-1638
MAIL:info@bambooboy.net